歯が痛い【一般歯科・根管治療】

HOME > 歯が痛い【一般歯科・根管治療】

ひどくなる前に~一般歯科・根管治療~

  • ひどくなる前に~一般歯科・根管治療~ before
  • ひどくなる前に~一般歯科・根管治療~ after

ある程度進行した虫歯は、放っておいても自然に治ることはありません。「まだ痛くない……」「今は仕事が忙しい……」「もう少し我慢できるから……」などといって放っておいてしまうと、痛みがひどくなり、最悪の場合は歯を失ってしまう可能性もあります。そうならないように、虫歯かな?と思ったらすぐに江戸川区中葛西の歯医者「葛西ハート歯科クリニック」へお越しください。

虫歯のなりたち

虫歯のなりたち

虫歯は「細菌」「糖分」「歯質」「時間」という4つの要素が揃ったときに発生します。お口の中に潜む「細菌」が食べ物や飲み物に含まれる「糖分」をえさにして酸を作りだし、その酸によって「歯質」の成分であるカルシウムなどがイオン化して溶けだしている「時間」が長く続くと虫歯になります。

脱灰(だっかい) 再石灰化(さいせっかいか)
酸によって歯からカルシウムなどがイオン化して溶けだした状態を脱灰といいます。脱灰が進んでいると、口腔内は酸性に傾きます。 だ液の働きによって口腔内が中性に戻ると、イオン化して溶けだした成分が再び歯に取り込まれます。これが再石灰化です。

私たちの歯は、飲食のたびに脱灰と再石灰化を繰り返すのです。この両者のバランスがとれていれば虫歯は起こりませんが、だらだらとお菓子を食べるなどして脱灰の時間が再石灰化を上回ると、修復が間にあわなくなって虫歯になります。なお、再石灰化でもとに戻るのは歯の表面のエナメル質だけ。象牙質まで達すると、再石灰化による進行の抑制は期待できなくなります。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 主な症状
C0
進行段階 C0
虫歯菌が作り出した酸によって、歯の表面からカルシウムなどの成分が溶けだした状態です。一般的な虫歯のイメージと違い、まだ黒くはなく、穴もあいていません。
C1
進行段階 C1
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、艶がなくなり、薄い茶褐色になります。まだ神経には届いていないので、痛みなどの自覚症状はありません。定期検診にいけば、この段階で発見できる可能性があります。
C2
進行段階 C2
虫歯がエナメル質の奥の象牙質に達し、歯に穴があきます。茶褐色から黒っぽい色に変わり、見た目にも虫歯だとわかる状態に。冷たいものや熱いもの、すっぱいものなどがしみるようになります。
C3
進行段階 C3
虫歯が神経に達し、ひどく痛むようになります。この段階になると、膿が出たり歯が割れたりすることもあります。さらに進行すると根尖性歯周炎によって神経が死に、いったん痛みがなくなることがありますが、それはC4への進行(悪化)にすぎません。
C4
進行段階 C4
歯がほとんど溶かされてなくなり、歯根だけが残って神経が死んでいる状態。歯根の先に膿がたまる根尖病巣ができると、口臭がひどくなり、歯ぐきの中の骨(歯槽骨)も溶けだします。歯ぐきはもちろん、ほほやあご、リンパ腺が腫れ、痛みで食事もままなりません。熱が出ることもあります。

虫歯の治療法

虫歯の治療法

虫歯にはいくつかの治療法があります。歯科医は虫歯の進行度や範囲、虫歯のできた歯の位置、患者様のご希望などを総合的に判断して治療法を選びます。

「C0」の段階では適切な歯みがきやフッ素塗布などのケアのみでもとに戻せますが、それ以降の段階では虫歯の部分を除去する治療が必要です。「C1」「C2」の段階では、神経の治療は必要ありません。神経まで達した「C3」では、歯根を残すための「根管治療」が必要になります。

進行度 治療法 概要 長所 短所
C1
C2
直接法
(CR充填)
虫歯を取りのぞき、その部分に、コンポジットレジン(歯科用プラスチックを用いた合成樹脂)を直接詰めます。 治療回数が1回ですみます。白い詰め物なので目立たない上に、保険が適用されます。 強度があまりなく、乾燥させないと接着できないので場所を選びます。また、経年劣化しやすい、変色しやすいといったデメリットもあります。
間接法 虫歯を取りのぞき、その部分の印象(型)を取って、詰め物や被せ物を作ります。いったん仮封をし、2回目以降の治療でそれをはずして、技工物を接着剤でセットします。 コンポジットレジンにくらべると強度があるので、大きな虫歯にも対応できます。直接法にくらべて処置がしやすいという特徴もあります。 直接法よりも削る面積が大きくなり、2~3回の通院が必要です。白い材料(セラミック)を使うと自費診療となり、保険適用だと銀歯になります。
C3
C4
根管治療 概要 注意点
虫歯が神経まで進んでしまった場合に行うのが根管治療です。まずは歯冠を削って根管内を見やすくし、ファイルという専用の器具で数回にわたって虫歯菌に侵された歯質を除去します。その穴にガッタパーチャーなどの材料を詰めていき(根管充填)、根管に再度細菌が感染しないよう密封。残った歯根部の型を取り、そこに芯(コア)を接着して被せ物を入れます。 神経を抜いた歯は虫歯にかかっても痛みにくく、発見が遅れがち。歯質ももろくなり、歯根の先端に膿がたまりやすい状態でもあります。治療した歯を失わないためには、定期検診と早めの治療が大切です。

深い虫歯も治せます。C3~の根管治療について

深い虫歯も治せます。C3~の根管治療について

歯の根や神経まで虫歯が達していると、従来では抜歯という対策しかありませんでした。ただ、歯を抜いてしまうと、歯並びが乱れたり他の歯に影響が出たり、といったことがありました。

そこで、今ある歯を残すための処置が「根管治療」です。

根管治療は進行した虫歯の治療方法として一般的なものです。ただ、基本的には目に見えない所の治療なので、歯科医師の腕が問われる治療でもあります。 痛みがあるからすぐに抜歯、ではなく、歯を残すことを考えた歯科医院で治療を行うのがよいでしょう。

根管治療の手順について

根管治療の手順について

菌に侵された歯を削り、歯根を露出します。

根管治療の手順について

歯の根の深さを測ります。

根管治療の手順について

汚染された歯の根を広げ、清掃と消毒を繰り返します。

根管治療の手順について

きれいになった根の中に、薬剤を詰め、きれいになるまで消毒を繰り返します。

根管治療の手順について

消毒が完了した後に、隙間ができないよう薬剤で密封を行います。

根管治療の手順について

密封したあとで、被せ物をかぶせて根管治療は終了です。

虫歯になる前にできること

虫歯になる前にできること

初期段階の虫歯には、痛みなどの自覚症状がありません。「痛い」と思ってから歯科医院に行っても遅いのです。歯を削らなければならなくなると、治療には痛みがともないます。しかし、日ごろから定期検診を受けていれば、ごく初期の虫歯でも発見できる可能性があります。初期の虫歯治療は時間もお金もあまりかかりません。あなたの大切な時間やお金、自分の歯で咬んで食べる幸せを守るために、定期検診やメンテナンスを受ける習慣をつけることが重要です。

虫歯から大切な歯を守るために当院の予防歯科はこちら