歯を白くしたい【審美歯科】・歯並びをよくしたい【矯正歯科】

HOME > 歯を白くしたい【審美歯科】・歯並びをよくしたい【矯正歯科】

白く美しい歯を手に入れる方法があります~審美歯科~

白く美しい歯を手に入れる方法があります~審美歯科~

口もとは、その人の顔の印象を大きく左右する重要なパーツです。それだけに、治療の跡である銀歯が気になって人前に出るのが苦痛になったり、会話を楽しめなくなってしまったりするなど、コンプレックスを感じてしまう方も少なくありません。

そんなお悩みをお持ちの方は、審美歯科治療をご検討ください。審美歯科治療とは、機能性はもちろん、審美性の高さ(見た目の美しさ)にもこだわった治療や処置のこと。「葛西ハート歯科クリニック」の審美歯科で白く美しい歯を手に入れ、笑顔に自信を持ちましょう。

詰め物が取れたらすぐに相談を

詰め物が取れたらすぐに相談を

「詰め物が取れた」「歯が欠けた」という経験をお持ちの方も多いと思います。「痛くないから」とそのまま放置される方もいらっしゃいますが、歯が欠けた場所を放っておくとプラーク(歯垢)がつきやすくなり、虫歯になりやすくなるのでやめましょう。また、虫歯のせいで歯がもろくなって欠けるということも考えられるので、お早めにご相談ください。

詰め物が取れたらすぐに相談を

詰め物が取れる原因の多くは、形状があっていないこと。あるいは、歯周病が原因でせっかく入れた詰め物がだめになってしまうこともあります。当院では将来的な健康までしっかり考え、もっともよいと思われる治療をおすすめします。歯周病がある場合はしっかりと治療した上で患者様にあわせた詰め物をお作りしますので、ご安心ください。

当院取り扱いの審美素材

素材 用途 特徴
オールセラミック
オールセラミック
詰め物(インレー)
被せ物(クラウン)
すべてセラミックだけで作った、審美性の高い素材です。色味や透明感を、周囲の歯にあわせてつくることが可能。金属を使っていないため、変色や金属アレルギーの心配がありません。既存の銀の詰め物をはずし、取りかえることもできます。
ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミック
詰め物
被せ物
セラミックとレジン(歯科用プラスチック)などを混ぜて作った素材です。オールセラミックとくらべるとやや審美性では劣りますが、素材に柔軟性があり、しなやかで割れにくくなります。咬み心地も自然です。
メタルボンド
メタルボンド
被せ物 金属フレームの表面にセラミックを焼きつけた素材です。土台が金属なので割れにくく、奥歯にも使用可能ですが、オールセラミックなどにくらべると透明感がやや劣る、金属アレルギーのリスクがあるなどの特徴もあります。

治療終了後のケアが大切です

治療終了後のケアが大切です

審美歯科治療が終わり、きれいな口もとを手に入れたら、適切なケアでそれを長く保ちましょう。ご自宅での適切な歯みがきに加え、定期検診やメンテナンスを受けることも大切です。口もとは髪形と同じようにあなたの印象を大きく左右するパーツなので、美容院に通うのと同じように、歯医者の受診も習慣づけたいですね。

治療終了後のケアが大切です

メンテナンスを受ける期間は通常3ヶ月に1回程度が望ましいといわれますが、人によって適した期間は異なるので「葛西ハート歯科クリニック」へご相談ください。治療を受けた歯のメンテナンスだけでなく、虫歯や歯周病、咬みあわせのチェック、プラークや歯石、くすみの除去もいたします。

「白くきれいな歯を手に入れたい!」という方は、お気軽にご相談を当院のご予約はこちら

きれいな歯並びを手に入れる方法があります~矯正歯科~

白く美しい歯を手に入れる方法があります~矯正歯科~

治療の跡である銀歯と同じように、乱れた歯並びも容姿に対する大きなコンプレックスになりがちです。「会話や人前で食事をすることに抵抗がある」という方には、矯正治療をおすすめします。矯正は見た目だけでなく、出っ歯・受け口・すきっ歯などの「不正咬合」と呼ばれる歯並びの乱れを整えることで、さまざまなトラブルを解消する治療です。「葛西ハート歯科クリニック」で、キレイな歯列と咬みあわせを手に入れませんか?

矯正治療とは?

矯正治療とは?

矯正治療とは、ブラケットと呼ばれる矯正装置などを使って、少しずつ正しい位置に歯を動かしていく治療です。不正咬合を放っておくと、さまざまな悪影響を及ぼしかねません。矯正治療を行うことには、以下のようなメリットがあります。

矯正治療を受けるメリット
見た目が改善される 食べ物をしっかり咬めるようになる
矯正治療によって歯並びだけでなくお顔の左右のバランスもキレイに整うので、見た目の印象がよくなります。 食べ物をよく咬めるようになるので、咀嚼力が高まります。細かく咬み砕けると胃腸にかかる負担を抑えられます。
虫歯や歯周病になりにくくなる 正しい発音ができるようになる
歯並びや咬みあわせが整うとブラッシングしやすくなり、汚れが溜まりにくくなるので虫歯や歯周病の予防につながります。 矯正治療を受けることで空気をコントロールできるようになるので、発音が改善することがあります。
顎関節にかかる負担を軽減できる ケガをしにくくなる
咬みあわせを整えることで、顎の痛みや違和感が慢性的にあらわれる症状「顎関節症」になりにくくなります。 上顎前突や上下顎前突などの不正咬合を解消することで、転倒時などにケガをするリスクを抑えることができます。

当院の矯正治療について

「葛西ハート歯科クリニック」では月に1回、矯正専門医が治療を担当しています。矯正治療の方法や進め方は一人ひとりのお口の状態によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

矯正治療の流れ
STEP1 初診相談~カウンセリング~
まずは患者様のお口の中をじっくり拝見します。その後、矯正治療について詳しくご説明します。「納得の治療」につなげていただくために、どんな疑問や質問でも遠慮なくお尋ねください。
STEP2 精密検査・診断
歯型の採取、お顔やお口の中の写真撮影、レントゲン撮影など、診断に必要な各種精密検査を実施し、その結果と患者様のご要望を基に治療計画を策定します。
STEP3 矯正装置の装着
矯正装置を装着します。初めの数回は、装着に約60~120分のお時間をいただいております。
STEP4 治療開始
装着中は装置の調整が必要になるので、定期的に通院していただきます(通常は3~6週間に1回、約30~60分のお時間をいただきます)。その後の経過観察では、2~6ヶ月に1回の通院が必要です。
STEP5 保定
治療期間が終わったら、保定期間に入ります。保定とは、矯正装置を外してから、元の位置に戻ろうとする歯を正しい場所に安定させる作業のことです。保定装置を装着している間は、経過観察のために2~6ヶ月に1回通院していただきます。
STEP6 メインテナンス
歯が正しい位置に安定した後も、定期検診での経過観察が必要です。咬みあわせには姿勢や日頃の何気ない習慣が大きく影響するため、検診でそれをチェックし、調整を行うことで正しい歯並びを維持します。
取り扱い矯正装置
メタルブラケット
歯の表面に装着するブラケットに金属を用いた矯正装置です。
取り扱い矯正装置
【メリット】
装置が丈夫で壊れにくい
装置とワイヤーの滑りがよく、治療が比較的早い
【デメリット】
金属のため矯正していることが目立つ
金属アレルギーのリスクがある
セラミックブラケット
歯の表面に装着するブラケットに歯の色調に似たセラミックを用いた矯正装置です。
取り扱い矯正装置
【メリット】
装置が目立ちにくい
金属アレルギーのリスクがない
【デメリット】
強度が多少劣るので、まれに割れてしまうことがある
メタルブラケットに比べて費用がやや高額になる

「きれいな歯並びを手に入れたい!」という方は、お気軽にご相談を当院のご予約はこちら